耐震補強.com
耐震の指標を得るための調査
耐震診断の指標「Is値」を得るために、実際にどんな診断調査をするかですが、
コンクリート調査・鉄筋調査・経年劣化調査・施工不良調査・基礎調査・建物構造躯体調査など、
目に見える部分と見えない部分の両面を構造計算や調査手法によりきっちりと診断いたします。
 
     
コンクリートコア抜き
調査
鉄筋探査 ひび割れ調査 基礎調査
コンクリートコアを抜き取り、コンクリートの状態、圧縮強度、中性化深さ等の検査を行います。 コンクリート内部の鉄筋を検査します。コンクリートを壊すことなく内部の鉄筋構成を探査します。 建物躯対のひび割れ(クラック)の量・大きさを調べ、躯体の劣化度合いを判定します。 基礎の形状が図面と一致しているか確認し、施工不良はないか、建物や設備の重量に耐えうるのかを調査します。
 
     
コンクリート躯体はつり
調査
コンクリート躯体中性化
調査
シュミットハンマー
コンクリート圧縮試験
レベル測定
コンクリートの一部を除去し、鉄筋探査では確認できない鉄筋径や基礎との接合状態を確認します。 コンクリートに指示薬を吹き付けて、反応色からコンクリートの中性化進行度合いを調べます。赤く染まれば正常。 コンクリート表面に打撃を与え、返ってきた反発力により強度を測定します。建物に損傷を与えない検査が可能です。 レベルを用いて、床スラブのたわみや、不同沈下、建物の傾きを調査します。
 
       
部材実測調査 柱傾き調査 鉄骨溶接部調査  
躯体寸法の実測や、部材の接合方法を確認します。 また、図面との整合を確認します。 下げ振りやトランジットを用いて、柱(建物)が傾いていないか調査します。 溶接が適正な寸法、状態であるか確認し、超音波探傷試験により溶接欠陥が無いか探査します。  
 
人間ドックと同じで建物の強さの健康診断を、耐震診断といいます。古い建物でも(旧耐震建築物)でも、 すべてが悪いわけではありません。人間ドックと同じで、からだ(建物)全体を検査し、悪いところを見つけ出します(耐震診断)。人間ドックでの検診結果が総合評価として(例えばA〜E)数値として出てきますが、それが耐震診断では「Is値」という数値で、建物の評価が出てきます。人間ドックの結果、悪いところを処置すれば、また元のような健康体になるのと同じように、建物にも耐震診断を行って「Is値」を求めることにより、悪いところが見つけ出されます。むやみやたらに補強するのではなく、問題になっている箇所を適切に補強して、 必要以上に費用をかけないようにし、「最小のコストで最大の効果」が得られるようにしましょう。