耐震補強.com
耐震診断によるリスクマネジメント
リスクマネジメントとは企業として今後起こりうる様々な危険に関し組織的に実践的に対策を講じることをいいます。
今後起こりうると想定される損失を回避、または最小限に留めようとするプロセスで、
不測の損害を最小の費用で効果的に処理するための経営管理の手法です。
これを、工場・ビルなどの建物と想定してください。あなたの建物ではどんな不測自体が考えられるでしょうか。
まずは、現状を把握するためのチェックポイントです。
BCP(事業継続計画)とは、東日本大震災において、中小企業の多くが貴重な人材を失ったり、設備を失ったことで廃業に追い込まれました。また、被災の影響が少なかった企業においても、復旧が遅れ自社の製品・サービスが供給できず、その結果顧客が離れ、事業を縮小し従業員を解雇しなければならなくなったケースがありました。このように、緊急事態はいつ発生するかわかりません。BCP対策とは、こうした緊急事態への備えのことをいい、震災等で一時的に事業ができなくても、目標復旧時間内に重要な機能を再開させ、業務中断に伴うリスクを最小限に留めるための戦略的対策のことです。