耐震補強.com
多くの人の共有建物であるビル・マンション
多くの人が利用するビル・マンションは注意して耐震補強を進める必要があります。
ビル・マンションの耐震補強について、多くの方から寄せられる質問をQ&A形式でご紹介します!
どのようなビル・マンションが地震に弱いのですか?
ビルの構造以外でどんな危険が想定されますか?
「新耐震」とはなんですか?
マンションの住民の方やテナントのオーナー様への
  説明はどのようにしたらいいですか?
1階テナント様が年中無休のため、補強工事が
  できません。どうしたらいいですか?
「耐震診断」とはなんですか?
耐震診断調査とは、どんなことをするのですか?
耐震補強工事(改修工事)はどんなことを
  するのですか?
耐震診断、耐震補強工事に関わる補助金や
  助成金はありますか?
耐震診断・調査、耐震補強工事には、
  どのくらいの費用がかかりますか?
 
どのようなビル・マンションが地震に弱いのですか?
建築基準法が昭和56年(1981年)6月に改正され、大幅に耐震基準が変更されました(新耐震基準)。
阪神・淡路大震災の時に旧耐震基準のビルやマンションがかなりの割合で倒壊及び被害にあいました。
新耐震基準法以降でも、一部のモラルのない会社による手抜き工事やずさんな工事などにより、
実際には耐震基準に満たない建物も多く存在していると言われています。まずは、昭和56年以前に
建築されたかどうかを確認しましょう。
その他、構造上のバランスが悪いビル・マンションもあります。
例えば、平面形状がL字型やコの字型、雁行していたり細長かったりするビル・マンション。
1階が駐車場等になっていて柱だけの構造(ピロティー)のビル・マンションについては、要注意です。
 
ビルの構造以外でどんな危険が想定されますか?
ビル・マンション本体以外に注意しなければいけないのが非構造部材
です。屋外鉄骨階段の倒壊ドア周りの倒壊外壁・内壁の落下や
損傷
窓ガラスの損傷等があります。その他設備関係では、ビル・
マンションの屋上に設置してある給水装置の転倒配管の損傷・破断電気設備等の配管損傷・脱落等も考えられます。
屋上設置の給水タンクも注意が必要です  
「新耐震」とはなんですか?
1968年(昭和43年)十勝沖地震と1978年(昭和53年)宮城県沖地震をきっかけに、
1981年(昭和56年)に耐震基準が大きく改正され、新耐震基準(新耐震)が誕生しました。
新耐震は大地震(震度6強〜7)の地震に対し、建物が破損しても建物内の人命の安全を確保することを
主眼とし設計されています。旧耐震の建物は、阪神・淡路大震災においても大きな被害が集中し、新耐震で
建てられたものに比べ、耐震性能が十分でない可能性があります。
 
マンションの住民の方やテナントのオーナー様への説明はどのようにしたらいいですか?
理事会・住民説明・テナント説明なども対応いたします。
一般の方がビル・マンションの耐震についての説明をされるのは、大変困難な場合がございますので、
耐震のプロセスも踏まえ説明させていただきます。耐震強度に不足がありますとマンションの資産価値も下がり
ますし、各自治体からの補助金・助成金のお話もさせていただきます。
 
1階テナント様が年中無休のため、補強工事ができません。どうしたらいいですか?
基本的には、テナントオーナー様にご理解をいただき、最短期間の休業をお願いし補強工事をしなければ
いけませんが、せめてビルの供用部分の補強工事だけでも先行して行うことをお勧めいたします。
 
「耐震診断」とはなんですか?
建物の耐震診断とは、ビルやマンションなど建物の「耐震性能」を正しく評価し、補強が必要かどうかを
判定することが目的です。耐震性能とは「現在想定される大地震(震度6強〜7)の揺れに対し、建物が
破損しても建物内の人命の安全が確保できる」ことです。建物にはそれぞれ固有の強度と粘り強さを備えて
いますが、地震の力が作用したとき、建物が堪えられるのかどうかを判断することが、耐震診断です。
 
耐震診断調査とは、どんなことをするのですか?
耐震診断の方法は、耐震改修促進法に基づき、国土交通大臣が定めた指針に従って行われます。
耐震診断の指標「Is値」を得るためにどんな診断調査をするかですが、コンクリート調査鉄筋調査経年
劣化調査
施工不良調査基礎調査建物構造躯体調査など、目に見える部分と見えない部分の両面を
図面を基に構造計算や調査手法により診断します。詳しい調査方法は下記ページを参考にしてください。
http://www.taishin-hokyo.com/shindan04.html
 
耐震補強工事(改修工事)はどんなことをするのですか?
耐震診断の結果、大地震時に必要な耐震性能を満たしていない場合、耐震補強工事(改修工事)が行われ
ます。基本的には建物の弱いところ、強度が足らないところ、地震時に転倒(移動)しそうなところ等を補強
します。ビル・マンション全てを補強するのではなく、最小の費用で最大の効果がでるように工事をするのが、
本当の耐震補強工事です。
ブレースなどの壁の補強柱の強度を上げる補強外付けフレームガラス繊維補強設備機械固定などが
代表的な補強工事です。詳しい工事方法は下記ページを参考にしてください。
http://www.taishin-hokyo.com/hokyo01.html
(ビル・マンションの場合は、住民の方やテナント従業員の方などがみえるため、実際の工事方法、
工事の時間帯、工事による騒音など最大限に考慮しなければなりません。)
 
耐震診断、耐震補強工事に関わる補助金や助成金はありますか?
各自治体により、補助金や助成金はまちまちですが、
ほとんどの自治体で補助金や助成金制度はあります。
補助金・助成金の受領まで請け負います。
 
耐震診断・調査、耐震補強工事には、どのくらいの費用がかかりますか?
耐震診断・調査にはおおむね、平米あたり2,000円を基本としています。
耐震補強工事は、調査結果により工事内容が変わってきますのでその都度のご回答となりますが、
最小の負担費用で最大の効果を発揮できるよう対応いたしますので、ご安心ください。
 

ヨシザワ建築構造設計では、阪神・淡路大震災や東日本大震災で培った実績と経験を生かし、
他社では出来ないと言われた耐震補強工事も対応して参りました。
皆様が日々安心して生活できる空間を維持するために、
最小の費用で最大の効果が発揮できる耐震診断・調査・補強工事を行う自信があります。
ぜひ一度、ご連絡またはご相談をお待ちしております。

お問い合わせフォームはコチラ  

  • 耐震ガイドブックプレゼント!
  • ビル・マンションの耐震補強について
  • 耐震診断・補強実績例
  • ブログLINK
  • 【運営会社】株式会社ヨシザワ建築構造設計
  • ヨシザワのホームページはコチラ